一定・ライブカメラ・まみれた

10.11
自作曲のドラムパートがとりあえず作成した。パソコンのソフト上で出来るので本物のドラム程ではないが、結構臨場感のあるものが作れる。台風の対策などを済ませて、夕方からは友人Hと下北沢に飲みに行った。友人Hは何事にも冷静で、あらゆるものに対する感想と自己とが常にある一定の距離を保っていた。僕は感動するとその対象にベッタリ感情移入してしまうので、彼の視点は刺激的であると感じたと同時に、僕は彼のようには永久になれないと思った。居酒屋の刺身とおでんはとても美味だった。後で行ったカフェのなんとかブレンドのコーヒーも美味しかった。

10.12
朝からネットは台風一色で何も手に着かなかった。ドラムパートは作成できたが、停電になるかもしれない不安と、多摩川が氾濫したり、東京に住む人々が今まさに台風の脅威にさらされたり、不安になったりしていると思うと、自分がやりたいことは手に着かなかった。多摩川と渋谷のライブカメラばかりみていた。


10.13
自作曲を完成させた。なんか、焦燥感にまみれた仕上がりになった。インスト曲でありがちな冗漫さを回避するために、短く濃く作ったので、退屈はしないと思う。良かったら聞いて下さい。ドラムの打ち込みソフトと、エレキギターとベースで作りました。歌はありません。

コメント